経営行人坂1

概念

細かく計画書を作る
従業員の「分かりました」は「聞こえました」
計画書は「紙」に書く(キリスト教の布教活動も同じ)
徹底的にパクる(ピカソも人をパクってオリジナルになった)
3年経ったらオリジナルになる
世の中の会社に大差は無い
大切なのは初動の速さ → 反応を見て改善することの方が重要
計画書をメモや手帳に書いて「実印(母印)」を押して配る
会社の利益を上げる為 → みんなの給料を上げる為
徹底させる
強制する → 勉強会をする → 教育する
ただしメリットを与える(参加者に500円とかクオカードとか)
価値観を共有する
ビデオを撮る → 後から入ってきた従業員に見せる
他社はそこまでやっていない(差別化)
終礼(朝礼)をする → 方針を読み上げる → 価値観を共有するため
教える時間だけではなく、「育てる時間」を大切にする
一番下のレイヤー職に発言さる
その際、適当に発言させる → 自分にウソをつくのが嫌になる
タイミングを見て「穴埋めテスト」を実施する

具体例

数字を具体化する(数字を言葉として伝える)
なぜならば、言葉は「魔法の道具」になるから
経常利益から決める
テキトーでいい
なぜならば、みんなやったことないから「思いつき」を形にしていく「過程」を覚えさせることが最重要
頭より、手を動かすことが最重要(その際、自分で約束させる)
ランチェスターの法則
イベントを1年先まで決める → 担当を衆目評価で決める(投票)
★仕事に人をつける
マニュアル化する(自分の正攻法をマニュアルにする)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です